そしてボクは途方に暮れる

母さん…ボクのあの鹿の角 どうしたでしょうね?
画像
ジローは今朝も捜索をしていた。

あの角が、あった場所にないことが、どーにも気持悪いことと、

やっとこさ取り戻して、削り尽くすまで楽しめると思っていたのに、

それが消えてしまったのがショックだったようだ。
画像
ジロー:ないな~
画像
ジロー:どこいったんだろう

そんなに大事なんだったら、ちゃんとバロンみたいに毎回小屋にしまうとかすれば良かったのに…。

と、子どもの頃、母に叱られた言葉とまったく同じ言葉をジローに言っていた。



今日はまさかの雨。

雨で、おとといの雪がかなり消えたが、除雪で積み上がった雪の山が消えるまでには至らなかった。

一緒に探してみたけれど、鹿の角は出てこない。
画像
ジローは途方に暮れていた。 は向こうでごはんを待っていた。



鹿の角みたいな木の枝が出てきたときは、ジローの顔色が一瞬ぱっと晴れた。
画像
ジロー:あったの?

ううん、木の枝だったよ

画像
ジロー:

いや、ジロー…それ木の枝だよ

画像
ジロー:

画像
ジロー:

画像
ジロー:これ、違うよ

画像
ジロー:も一回探してくる…


そんなにせつなそーに歩かないでよ…

結構引きずるね~

明日はお天気らしいから、また一緒に探してあげるよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 吹奏楽部

    う~!一緒に探してあげたい
    ジローちゃんの哀愁漂う後姿が切ない(笑)
    2012年08月23日 13:12
  • TAMO

    吹奏楽部さん
    探してあげていると、絶対見つけてくれる!という目で見つめてくるから、すごいプレッシャーです。
    結局、出て来ず、春の雪融けを待つしかないみたいです。
    2012年08月23日 13:12