タローの湯治

画像

画像が暗くてごめんなさい。

タローはうちに来てから7ヶ月になる14歳のおばあちゃんワンコ。

おじいちゃんじゃなくて、おばあちゃん。

「ベルサイユの薔薇」オスカルみたいなものだと思ってください。


うちに来たときはひどい皮膚病になっていて、病院通いも大変だった。

やっと落ち着いたはずだったが、獣医さんにも「再発」の可能性があると言われていた。

夏に、この異常な暑さで、やはり再発した。

相談できる薬剤師に塗り薬を少し強めにしたらどんな改善が考えられるとか、危険はないかとか話して、塗りと飲みの薬で様子をみたが、やめるとすぐに症状が戻ってしまうのを感じ、このままタローを薬漬けにするのもどうかと、自分なりに調べてみることにした。

すると、タローの皮膚病には硫黄の温泉が効くことが分かった。

硫黄の温泉なら弟子屈には硫黄山があり、そのすぐ近くには川湯温泉がある。
川湯温泉は主に硫黄だ。

タローを連れていけば早いのだろうが、私は空のペットボトルを沢山積んで、川湯温泉の足湯に行った。
かけ流しの流れるお湯をもらいに行ったのだ。


画像手伝ってくれた人があったお陰で、早く汲み終わり、帰宅してすぐにお風呂を用意して、タロー専用温泉を設置した。

最初は驚いて暴れたタローだが、段々気持よくなったのか、少しだけまったりしていた。

タローは足が少し悪いので、抱っこしての入浴は大変だった。
お陰で介護の大変さを少しだけ理解することができた。

全部で12ℓしか持ってこられなかったが、犬にはまあまあの量の温泉だった。

画像父にそれを話すと、うちにおいてある父専用ウイスキーの大ボトル(4ℓ)を持ってこいと言った。
父はそれを小さな瓶に移し、空の大ボトルを私に渡すと、
「これでもっと持って来られる」
と言った。


温泉は、タローの年老いた体にも、とてもいいかもしれない。
温泉の町で育ったんだから、老後は温泉でいたわってあげてもいいと思う。
しばらくはタローを湯治で癒してみようと思った。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント