猫に漢方薬 しいの記録

しいが、4月1日にまたしても体調を崩した。

サメちゃんに乗った翌々々日かな?

画像

1ヶ月前に病院で検査した時は、

白血球が少ないという検査結果だけで問題なし。

みろの方が重篤ということだったが、

しいも結膜炎がしっくりしないし、

漢方薬を地味に続けていた。


この白血球が少ないというのは、結構厄介だ。






4月1日、ご飯も食べに来ないで、猫ハウスに引きこもったしい

脚立を出してきて、引っ張りだしたら、

すごい熱だった。

結膜炎も悪化していて、鼻水も出ていた。

画像

しいは、本当は無菌室にでも入れて暮らさせたいと思うほど、

菌とウイルスに耐性がない。

もしかして、掃除機が拾ってきた菌やウイルスでもあったかと思ってしまうほど。




動物の本当の主治医は、かかりつけの獣医ではない。

なんだかんだ言ってもやっぱり飼い主だ。


獣医に診せても、抗生物質で治療するのは目に見えているし、

ステロイドなんてもらいたくもないので、

独自の治療をしていくことにした。




まず、熱があってウイルスか菌に侵されているのは間違いないので、

抗生物質は投与せざるを得ない。

その上で、体が衰弱しているときに効果がある十全大補湯を投与。

翌朝も、朝:抗生物質+十全大補湯

      昼:人参栄養湯

      夕:抗生物質+十全大補湯

      夜:人参栄養湯

これを、1日夜、2日、3日で飲ませた。

4日からは、ちょっと変化が見えてきたので

      朝:抗生物質+補中益気湯

      昼:人参栄養湯

      夕:抗生物質+補中益気湯

      夜:人参栄養湯


このタイミングが良かった。

しいは食欲を取り戻し、寝たきりじゃなくなった。



うちでは、こういう時、

適度な湿気があって、置いてある冷凍庫の熱で暖かい、

脱衣所が病児室になる。

画像

脱衣カゴの中の私のフリースシャツは、

しい専用のベッドになった。


正直、ちょっと危険な時もあって、

今回は冷や冷やしたが、危険は脱したと言ってもいいと思う。



きっかけは、みろの食べている療法食がチキンメインで、

それをつまみ食いしたこと。(しいはチキンアレルギー)

免疫力がもともと低いのに、

アレルギー反応をひきおこし、

さらに衰弱してる時、誰も見向きもしないような弱小ウイルスでも

しいにはひとたまりもなかっただろう。

それが年をとればとるほど顕著になっていく。





画像


病児室を出る時は、自分で戸を開けられるくらい元気になった時。


それが、今日だった。

画像


画像

おかえり。



しいはもっとみんなに出迎えてもらえると

思ってたらしいけど…

画像

みんなは、開かずの間だった部屋の物色に夢中。





それと、これまで蓄えた脂肪もずいぶんと役に立ったらしい。

先月量った時5.1㎏だった体重は、

今日量ったら4.4㎏になっていた。

画像


ベスト体重になってる!

画像


それは良かったかもね。




体が軽くなったしいは、そのままキャットウォークへ。

画像


そして、梁の上で

画像

ひょっこりはん?

画像

久しぶりに野鳥ウォッチングもしました。



今回は、体力や食欲を見て、漢方薬の

切り替える判断がよかったように思います。


が、年々厳しくなっていくしいの免疫力の低下と

どう付き合うかが今後の課題です。




画像

反対からも ひょっこりはん。





            


昨日は、の誕生日のお祝いコメントを

ありがとうございました。


この記事へのコメント

  • シグまろX

    こんにちは
    しいちゃん、治ってよかったです。
    チキンアレルギーにサメちゃんが集めたウイルスや菌ですか、、、。
    目があんなに充血するんですね、、、。
    漢方の力はすごいですね。
    それに抗生物質、、、。
    何よりTAMOさんですねぇ。
    ステロイドはダメなんですね。塗り薬なんかにも入ってるのを病院でよくもらいます。自分用ですが。
    2019年04月08日 02:20
  • NAONAO

    梁の上にいるしいちゃん見てホッとしました。元気になって良かった♪
    遅ればせながら菊ちゃん誕生日おめでとうございました!
    7日は母の誕生日&父の命日でもありました(^_^ゞ
    2019年04月08日 05:26
  • バンビ2

    おはようございます~♪

    >猫に漢方薬 しいの記録
    動物が体調崩すのは 可哀そうですね。
    何とか漢方薬で 体調回復ですか。
    しいちゃんは かなりの年なんですか。
    何だか動物も 歳には勝てないのかな。
    十分面倒見てあげてくださいね。。。
    2019年04月08日 05:30
  • みるくっち

    おはようございます。
    しいちゃん痛々しいです。
    でも治ったとのことでなんかホッとしていますC=(^◇^ ; ホッ!
    白血球が少ないと感染しやすいので恐いですよね。
    漢方がしっかりしいちゃんを見守ってくれたんですね。
    うちの子もステロイド駄目だったんですよ。
    なので先生はなんとか治癒出来る漢方を出してくれました。
    後悔はその時の症状とお薬の名前をメモしとけばよかったことです。
    そうですよね。
    自分の飼っている子の唯一の主治医は飼い主。
    本当にそうだと思います。
    痩せたって喜んでるしいちゃんの顔
    もう愛おしいです。
    しいちゃんもうすっこしぐらいなら太っても大丈夫だから
    しっかりご飯食べようね。
    でも…みろちゃんのご飯は駄目だよ。
    TAMOさんいろいろ大変だと思いますが皆のために頑張りすぎず頑張ってくださいね。
    何も出来ませんが応援だけは出来るので
    ※o(▽ ̄*)ノフレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレーヽ(* ̄▽)o※
    2019年04月08日 05:34
  • 陸&クロ

    おはようございます
    とりあえず
    しいちゃん良くなって
    安心しました
    家だったら「オロオロ」して
    病院に直行でしょうね"(-""-)"
    2019年04月08日 06:54
  • koji

    おはようございます!

    さすがTAMO先生!

    しいちゃん元気になりお顔もきれいになって、よかったです\(^o^)/
    2019年04月08日 07:36
  • peko

    おはようございます(o^-^o)

    しいにゃん🐱
    辛そうなお目目だね(゜-゜)(。_。)
    流石TAMOさん
    綺麗にすっきり治りましたね。。
    べっぴんさんに戻りました(=^ェ^=)
    2019年04月08日 07:41
  • ヤス

    猫に小判よりも、やっぱり猫に漢方薬ですよね。
    ご回復、良かったです。
    2019年04月08日 08:10
  • 詩音連音

    TAMOさん(^o^)
    おはようございます。
    しいちゃん、自分で動けない程衰弱してたんですね、、、
    家猫と外猫の違いはちゃんと看病してもらえること。
    しいちゃんの飼い主がTAMOさんで良かったです。
    動物(人間も含めて)のDNAは体が丈夫かそうでないか、、、の違いによるところは大きいなぁ、、、としみじみ実感しています。
    しいちゃんが元気になって良かった良かった。
    TAMOさんは、疲れてませんか???
    ご自愛くださいね。

    2019年04月08日 08:52
  • トトパパ

    こんにちは。

    しいちゃん、大丈夫ですか。
    良くはなってきてるんですね。
    良かったです。
    漢方は効くんですね。
    病気の後は痩せますね。
    リバウンドしないように。
    2019年04月08日 09:23
  • 摩利紫天@analog-ya

    しいちゃんの結膜炎、痛々しいですね…
    結果ベスト体重は、知り合いのお父さんが胃がんで痩せて一石二鳥(意味が違うと思うけど…)だと喜んでいたのが思い出されます
    多頭飼いだと、餌を分けるのが大変ですよね
    なんとか症状と上手く付き合って長生きしてほしいものです…
    2019年04月08日 10:06
  • まりけけ

    こんにちは~♪
    ひょっこりしいちゃんができるまで回復して良かったですね~(*^-^*)
    しいちゃん。。。弱いんですね~(;´Д`)
    以前、ブログに書いてたクマザサ茶の粉末って使ってましたっけ?
    確か。。。免疫力アップじゃなかったかな?
    うちの2足の息子が免疫力が(;´Д`)なので。。。
    クマザサ茶を飲ませてます^^:
    しいちゃん。。。何とか免疫力アップさせられるといいですね~
    2019年04月08日 17:28
  • 草凪みかん

    本当の主治医は獣医ではなく飼い主本人。
    確かにそうですけど、それを自信もって言い切れるTAMOさんはすごい!
    いずれ猫を手元に迎える日のために、いや今接している外猫たちのためにも心に刻みたい言葉です。
    通り一片ではなく刻々と変わる状況に応じて対応を変えていく、それができるためにはしっかりとした知識もないと。
    いずれ改めて教えていただくこともあるかもしれません。
    しいちゃん、飼い主がTAMOさんで本当によかったね!
    2019年04月08日 21:19
  • y&m

    一緒に暮らしいてる子達が発病すると、モノを言わないだけに本当に心配になりますねぇ。特にシンボリしてると、普段のワンパクぶりが恋しくなります。しいちゃん、元気に成って良かったね。(^^♪腰回りが締まって、ちょっとセクシーになったかな?。
    2019年04月08日 21:35
  • kyoro

    飼主が主治医になれるのがベストですね!
    常に経過を観察できて処置が速い
    っていうのが何より代えがたいです。
    もちろんある程度の知識は必要で
    TAMOさんほどのスキルがない人は
    信頼できる病院で診てもらった方が
    いいかもです

    2019年04月08日 21:40
  • みるしっぽ

    しいちゃん しっぽが色付きだったのですね!!(← 今頃気がついた:汗)
    しいちゃん うちの母と同じような感じですね
    うちの母は免疫抑制の薬を飲んでるので しょっちゅう風邪貰ってますよ(汗)
    病気とか薬の知識は無いけど ピエールの日頃の様子は よく見るようにしてます
    2019年04月08日 23:05
  • サバ

    しいちゃん!そう言うことだったんですか~~
    しかし!いつもTAMOさんって!名医の如く!ですね
    そのうち!猫と漢方って本出して欲しいくらいだわ~~
    しいちゃん!お大事にね!
    2019年04月09日 16:18