ミルクペレット

りもがドアノブを見つめていました。 開いたにゃ! って出てきたのは、きのでした。 クローゼットから、マグネット式の扉や、タンスの引き出し、ありとあらゆるものを開けるきのは、りもにとって憧れの存在。 いや、憧れなくても良いんだけど・・・。あちこち開けられている扉を閉めて回る私の身にもなって・・・。 ニイニやネエネが開けてくれるから、末っ子はまだどこも開けたことがない。 まだまだ学ぶ…

続きを読む