ちょっとした睡眠妨害

2時間おきのミルクの時は、誰も寄せ付けないよう パトロールしてまで寝かせておいてくれたのに、 深夜だけ3時間おきになった途端、りもが寝てる私の足に じゃれてくるようになった。 何を見てるの?と思った瞬間、猫キック。 痛い痛い!○%×$☆♭#▲! だから痛いってば~! ほよ?じゃないよ、可愛いな。 怒れなくなる良い武器もってるな~。 りもがやっ…

続きを読む