誠実がなくなると 商いはひからびる

あんまりペットホテルでお預かりした子のことは書かないんだけど、

今日、お預かりしていたワンコが帰りました。

今回はちょっと高齢だったので、神経を使いました。

画像

この子は若い方の子。

(ペットホテルのドアはガラス張りで私の寝室の隣なので、夜も様子が分かるようになってる。貸切のときはこの部屋でフリーにしている。)


もう、毎回毎回、

いつもそうなんだけど、

やっぱりずっとお世話をしていると、情が湧くもんでしょ?

帰るときウルウルしちゃうんだよね~。

誰かに「それはプロじゃない!」って言われたんだけど、

ウルウルしないことが果たしてプロなのかい?

って思う。

私がいつも心がけているのは

「誠実がなくなると 商いはひからびる」

と言うこの言葉。



これは子どもの頃に買ったバッグ屋さんの福袋に入っていた

おまけの日めくりカレンダーに書いてあった文言で、

31枚あるので、毎月その日にその言葉が見られるタイプのカレンダーだった。

あまりにいい言葉が書いてあったので、ず~っと取ってあった。

その中の1つだ。

いい加減ボロボロになっているので、切って額に入れてある。

画像



だけど、私もかつて預ける側だったから、飼い主さんの気持ちが分かる。(つもりです…)

昔、うさぎのサスケが預けた神奈川県の某動物病院で亡くなって帰って来た。

年老いていたし、預けた私も覚悟はしていたが、

たった5日でげっそり痩せていて、

食事に介助が必要だと言ってあったけど、

介助してくれていなかったことがよく分かった。

次に飼い主さんに会う時に、元気に引き渡したいと思うから

 一生懸命お世話をする。

 そうすると、黙っていても情が湧く。

 帰り際、泣く。

もうこれは、避けられないでしょう?


それに、飼い主さんを一生懸命に待つひたむきな姿を見ていたら、

手を抜くなんて出来ないよ、絶対。

その姿って、涙出そうになるんだ~いっつも。

みんな帰りを待ってるんですよ~。






この言葉、隣に誰の言葉なのか記載されてるんだけど

画像

文字のイメージってあるでしょう?

どうしても

引田天功(一万円生活創始者)って、ぱっと見よ、ぱっと見、そう読んじゃう私です。



ちなみにその隣には

画像

一を以って 之を貫く

我が生涯を一つの職業に、貫ける人は幸せである

とあります。






原発20㎞圏内への民間の動物救助活動が許可が12月5日に出て、ボランティアの方々が保護活動を行っています。

今朝はそのニュースをあちこちで見ました。

私も食い入るように見ましたが、

もっと食い入るように見ていた子が、いました。

画像


画像


画像

この子、こう見えてドキュメンタリーとか好きだし、結構社会派なんです。

この内容のニュースが終わったら、立ち去ったので、多分それが見たかったのでしょう。



一匹でも多く、飼い主さんのもとに帰れますように。

心からそう願っています。





" 誠実がなくなると 商いはひからびる"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: