左側の謎

今朝の「めざまし土曜日」の番組の中で 「猫はこたつで丸くなる?」 の、検証をやっていた。 電気がついていなければ、丸くなるし、 電気がついていれば、ぐだ~っと伸びて寝ている。 猫が丸くなるのは、寒いとき。 体温を逃がさないようにするためなのだから 猫飼いには分かりやすい検証実験だった。 結果はまさにその通り。 その象徴とも言える写真が、この薪ストーブ…

続きを読む

猫の隠れ家

この青空バックの写真は合成っぽいな~。 めい:あったかいにゃ~ にこ:またママ、僕らを狙ってカシャカシャやってるにゃ いつものように吹き抜けの梁の上にのっかている2匹。 今朝は凄く寒くて、ダイヤモンドダストも出てた。 うちの周り中、キラッキラしてた。 それくらい…

続きを読む

ホームレスじゃないんだから…

北側の屋根に残っていた雪が、一斉に落ちた。 屋根の雪が落ちるときって、物凄い音がする。 一瞬、地鳴りかと思う。 その音のせいで、家が揺れたと錯覚する。実際は揺れてないのに。 めいは驚いて、音のする方を見つめていた。 めい:何の音にゃ? めい:上の方からにゃ にこは、その音に動じることなく、ストーブに火が入るのを待っていた。 にこ:あ~あったかいにゃ~ ☆★ 数分後 ★☆ にこ:Z…

続きを読む

薪割りの母

母は来ました 今日も来た この弟子屈に 今日も来た いたらぬ娘を手伝いに銀に邪魔され 銀に邪魔され 薪を割る 母が斧を振りあげるたびに逃げていた銀。 割れた薪が飛んで来ると、銀がくわえる。 「そのまま薪小屋に運んで!」 の声を振り切って、どこかへ持っていく。 薪小屋に母が入ると、手ぶらでついて行く。 「ついて来るなら持ってきてよ…

続きを読む

部屋が暖まるまでの騒動

朝の冷え込みが強くなってきた。 布団から出たくないのは人も猫も同じ。 ストーブに火が入って、部屋が暖まってから起きてくる猫たちも、今朝は私と一緒に起きた。 にこは私の隣にぴた~っと身を寄せて、ストーブに火が入るのを待っていた。 にこ:う~寒っ! にこ:ママ、早く火つけて~ にこの顔、まだ眠そう… 火が入ってもすぐに暖まるわけじゃない。 体を動かして温まろうと思っ…

続きを読む

薪をもらいに

「朝風呂のさくら」さんからありがたい情報を頂いた。 薪の無償提供。 今日の10時に頂きに行った。 役場の予想を上回る人が集まり、どうやら一世帯5本(太さはまちまち、長さは2mほど)くらいしかあたらないとのこと。 5本なら、長い時間をここで費やすこともないかなぁ…と、一瞬帰ろうかと思った。 しかし、知り合いに会って、話をしているうちに帰りそびれ、順番…

続きを読む

雪が降る前に

あまりに暖かい日が続くもんだから、ふきのとうが目覚めてしまった…。 かわいそうに。 若干凍っていた。 お目覚めにはまだ、ちと早すぎた。 朝妃の腹病みで据え置かれていた薪もようやく片付いた。 片付いたと言っても、長い丸太が短い丸太になっただけで、薪切り自体はこれから。 もっと冷えて、丸太の水分まで凍ったら斧で割り始める。 これがまたいいストレス発散になる。 とりあえず方々に散らば…

続きを読む

腕まくら

早いもので、もう12月になってしまった。 どおりで最近寒いはずだ。 テレビのニュースで 「北海道は大雪です!」 と、札幌方面と一緒くたに報道するのをやめてほしいと思う今日この頃。 札幌は雪かもしれないけど、弟子屈は全然降ってない。 弟子屈が雪に囲まれるのは大体年末だ。 年末にどどーっと降って、根雪になるのだ。 ここ数日、朝、目が覚めるとめいが私の腕まくらで寝て…

続きを読む

チェーンソーの刃を取り替えて、今日は薪割り・丸太切り。 薪小屋にしているコンテナの中を片付けていたら、蛇の置き土産があった。 ここは脱衣所じゃないんだけどな~ ひょっとしてこれ、いつかのあの子の皮だったりして… http://morinomakiba.at.webry.info/201006/article_11.html これは近くで私の仕事を見ていた{%犬w…

続きを読む

あわてんぼうのサンタクロース

朝ごはんを食べていると、どこからか 「シュルシュルシュル」 と、何かがどこかを滑り落ちたような音がした。 私とめいは思わず目を合わせていた。 「何の音?」 めいは素早く音のした方へ走っていった。 「え~!そっちだった?あっちじゃない?」 しかし、こう言うときは、人間より動物の方が正しい。 めいの示す所から、 「カサ…

続きを読む

薪ストーブの良し悪し

今朝、凄く寒くて、ストーブを焚くか迷った。 弟子屈は朝の気温が2℃だったらしい。 めいは布団に入れてくれと言うし、タローはトイレに行きたいと騒ぐし、急な寒さは動物たちにも変化をもたらした。 だけどストーブを焚く前に、煙突掃除をしなければならない。 春に使ったきり、そのままだった。 最後に使ったときの感じから、ススが詰まっているのは分かって…

続きを読む