回復が早かったのは・・・

寒い日が続くと思ったら、一昨日も 昨日も雪が降ったものだから、 ジローが昨日のように、スイーツになってしまいました。 ゴールデンウイークくらいまでは、タイヤ交換はまだ出来ない弟子屈です。 出産予定日、二日前になり、 今年は早いかも? とか、いろいろ思ったけど、 何だかんだで、予定日通りだな~と思うこの頃。 がんばれ、宝。 今日…

続きを読む

みろ 鼻炎との闘い

3日前、4月5日のみろの写真。 左の鼻の穴が白くなっているのは鼻水。 と言うよりもはや膿。 この時から、悪化しているのに気付きました。 翌朝には鼻は全部塞がり、みろは苦しそうに 口から呼吸していました。 くしゃみで吹き飛ばすことも出来ずにいたので、 鼻をこまめに拭き取っていました。 この日はそれでもご飯を何とか食べていました。 7日の朝、鼻はもっと塞がり、 み…

続きを読む

凰仁郎、目の負傷

凰仁郎が、今朝 「気持ちの悪さ」を訴えて来たので、 見て見ると、右目から膿が出ていました。 普段は主に漢方を使っての治療ですが、 こんな症状の場合は抗生物質を使用します。 漢方薬の出番がないかというと、そういうことでもありません。 凰仁郎は中耳炎になったり、こんな風に おそらく何かに引っかけて、そこから菌が入って 腫れたのだと思いますが、 何かと症状が出やすいく…

続きを読む

消えたもの 出て来たもの

この前のブログで、 みろがネズミのおもちゃで遊んでいるところを 書きましたが、 あれって、実は結構奇跡的なことで、 みろは以前から書いているとおり腎不全という病気で 2日に1回点滴をしています。 腎不全は貧血症状になりやすく、 みろも血液検査では、重度の貧血状態でした。 ですが、貧血の改善に効果がある熊笹エキスと、 同じく貧血に効果がある十全大補湯を飲むことで、 …

続きを読む

鼻炎猫

ぶえっきしゅ 私がくしゃみをすると、よく友達や同僚に 「加藤茶か!」 と、突っ込みを入れられた。 それほど加藤茶そっくりなくしゃみをするのは 友人間ではちょっと有名?なんだけど、 昨日の夕方、それと同じくしゃみが何発も飛び出したのは 私からではなかった。 「え?誰?こんなくしゃみしてるの?」 周りを見渡すと、それはりものくしゃみだった。 箱の中でもやってた…

続きを読む

脳に栄養

今日は午前中から勉強会をしようと決めていた。 「会」と言っても一人でだけど。 気合いとしては、馬の医学書に出てくる病気や症状に 全部に漢方薬を使うとしたら何?を当てはめてみる と言う気合いで望んだけど、 ちょっと気が遠くなる作業だったので、 自分の馬や、友人知人の馬が これまで罹った病気や症状から検証してみることにした。 ピースや麟太郎の気管支炎や 鼓菊の足…

続きを読む

みろと熊笹

みろの腎不全が分かってから2年になろうとしています。 2日に1回の点滴を毎回頑張って受けてくれています。 自分から「今日、点滴?」 と、聞きにくるようにもなったりして。 獣医さんが輸液がなくなる頃、注文すると、 届けてくれるので、とても助かっています。 腎不全の症状の1つに貧血というのがあって、 その症状が出ると、非常に疲れやすいため みろは私のベッドで寝てい…

続きを読む

あふたーくりすます

今日も楽しそうにツリーと戯れるりもに、 「今日片付けるよ~!」 と言うと、 ショックを受けていた。 片付けがショックだったのは、りもだけじゃなかった。 どこ入ってんの??? 満天星は、昨日までは大量に謎の泡を吐き出し続けていましたが、 今朝は、少し減ってきました。 ご飯も、喉が詰まらないように…

続きを読む

冬至の準備

昨日、みろと同じように鼻炎で苦しむ猫ちゃんの 飼い主さんからご質問をいただいたので、 まずはそのお返事から・・・ 猫に与える漢方薬の量ですが、 このパッケージの空カプセル♯1サイズのものに 葛根湯加川芎辛夷を しっかり入れて、1日2カプセルを うちでは飲ませています。 同じサイズにクマザサエキスを入れて飲ませることもしています。 漢方薬は、シリンジなどで猫に…

続きを読む

凰仁郎 引肛

凰仁郎のことでご心配いただきましてありがとうございます。 昨日も書きましたが、 何と、脱肛していたところがきれいに戻っていました。 獣医さんも、今日の往診でびっくりしていました。 今月いっぱい、出てしまった部分のケアにかかると 思っていたようで、昨日の様子から見ても こんなにすぐに引っ込むとは思わなかったそうです。 先生も思わずカルテにこう書いていました。 発…

続きを読む

起こるすべてには意味がある。

凰仁郎の耳から膿が出てきた。 ジローの体調がちょっとおかしい。 みろの鼻水がまた復活した。 一気にこれだけのことが来たら、以前なら 何で? こんなに? 一気に? どうして? と思ったかもしれない。 でも、特にここ最近は大きな気付きがあってから、 全然慌てなくなった。 神様は動物には試練は与えない。 与えるとしたらそれは飼い主である私に。 …

続きを読む

奇跡

彩雲の後ろ足に異変を感じたのは2ヶ月くらい前。 走っていると何でもないけど、 寝起きで動き始めの時や、 ふとした瞬間に、動きがカックンカックンと ぎこちない。 これは母馬・ピースがここ数年冬になると起こる 足の異常とよく似ていた。 以前、これを獣医さんに、それも馬の博士と言われる 名医の先生に相談したことがあったのだけど、 その先生も 「これはね~・・・」 と、…

続きを読む

麟太郎の持病

もう3、4年になるか・・・ 麟太郎は毎年春から夏にかけて、気管支ぜんそくのような 症状が出て、その度、その症状に苦しめられてきた。 去年は、長雨・猛暑・寒暖の差で体に負担がかかったのか それが悪化して、肺炎になってしまい、 獣医師に来てもらったけれど、 週に1度で約1ヶ月半、 お高い注射をしてもらったものの改善せず、 結局うちにある漢方薬で落ち着いた、 なんてことがあっ…

続きを読む

いよいよ

今日、菊と宝の乳に変化がありました。 乳が張ってきました。 出産準備期間に突入ですね。 菊は4月20日。 宝は4月28日。 そして、ピースのお腹にも、元気な子が育っているのが分かりました。 正直言うと、ピースはちょっと不安でした。 1月中旬頃の「歩けなくなった」時、 かなり激やせしちゃって、お腹もぺったんこだったんです。 ピースが助かっただけでも儲けもんと思…

続きを読む

不思議な囁き

今日は、信じる人もいれば、信じない人もいるお話です。 興味のある方だけ読んでください。 よく、ミュージシャンが作詞作曲をするとき 「曲が降りてきた」 って言い方をしますよね。 あの感覚って、私には経験がなかったのでよく分かりませんでしたが、 ここ最近、漢方薬に関しては それが起こるようになりました。 みろの時の「熊笹エキスを点鼻してごらんなさい」もそうですし、 鼓菊…

続きを読む

馬にも漢方薬

昨日、鼓菊の足もまだすっきりしていないのに、 ピースも足がちょっとおかしくなった。 ピースは冷え込みが強いと、時々足がぎこちなくなることがあって、 これは血流が原因だと思っていた。 こういう時は、ご飯に葛根湯を混ぜてあげると 翌日にはケロッとしていることが多い。 葛根湯って、風邪の初期症状にはもちろん、 血流を助けたり、体を温めたりもするので、 こんなときに役に立…

続きを読む

私を倒してからいきなさい!

パソコンに向かっていて、なんとなく視界に入っていた風景。 猫が2匹いるんだと思っていた。 手前がみろ。奥の子は誰? って思って周りを見たら、私の左にはりもがいて、 長椅子にはきのがいた。 黒猫4匹いるぞ? で、よく見たら 黒豚のティッシュケースのブーちゃんだった。 誰だ?そこにブーちゃん置いたのは。 鼓菊が足を痛めてから6日目になる。 少し…

続きを読む

犬猫に漢方薬・熊笹 続編

ストーブにもいろいろなあたり方があると思うけど、 こいのあたり方は一番・・・ なんていうか・・・その・・・ お下品。 ま、でも、おなかを温めるのは 人間も動物も大事だからね。 私の上着をちょっと置いておいたら、 誰かが中に入ったみたいで、 上着に手を置いたら、ブーブークッションみたいに って言った。 フードの所をめくってみたら、 …

続きを読む

といれ

ペットのご相談で最も多いのが「トイレ」の問題です。 飼い主の根気が最も必要な問題ですよね。 先日の猫のトイレの記事ですが、 多頭飼育の場合、「猫の数+1」がトイレの必要な数とは言われていますが、 その猫たちの性格などもあるので、一概に言えません。 うちの場合は特大を2個、普通サイズを3個置いています。 これでもし、誰かが植木鉢で用を足すようになったり、…

続きを読む

猫の鼻炎

その後のみろ&りもの様子と、 入浴剤代わりに入れて見た経過の報告です。 熊笹エキスの会社の回し者ではありませんが・・・ 少しでも体調不良のワンちゃん、猫ちゃんの健康回復の お役に立ちたいと考えています。 世の獣医さんは、西洋医薬品での治療しか、獣医学科で学ばないため 漢方薬はほとんどご存知なくて、 (仕事上、獣医さんの知り合いが多いので) 漢方薬も併用して治療できる獣医さんは、 …

続きを読む

優しさにつつまれた!

小さい頃は神さまがいて       不思議に夢をかなえてくれた       やさしい気持で目覚めた朝は       おとなになっても奇蹟はおこるよ        カーテンを開いて静かな木漏れ陽の       優しさに包まれたならきっと     …

続きを読む

熊笹の飲ませ方

昨日の熊笹の件で、ご質問をいただいたりしたので、お答えします。 まず熊笹とは、こちらです。 名前の由来は、葉の縁が白くなり、隈取りがなされることから隈笹とも言い、 熊が食べるから熊が居そうな場所に生えるから熊笹とも言われ、 あるいは神様に捧げたことから供米笹(くまいざさ)と、 所説あるようです。 そして、私が飲んでいるのは、こちらです。 OSK クマ笹茶 1…

続きを読む

犬猫に漢方 ~熊笹編~

保護した時から見れば、ずいぶん元気になったりも。 随分じゃないな、大分?顔、ガビガビだったもんね。お目目もパチ子になったよね。 だけど時々まだクシャミが出たり、目が赤くなったりしてて、この前獣医さんにも相談したら、「これ以上(小さな体に)薬(西洋医薬)使いたくないね」と、仰ってたし、それは私も同感だった。 こういう時にこそ、漢方の出番。 りもは、うちに来た時から漢方薬入りのゴハンを食べて…

続きを読む

八角形の奇跡

この前、動物病院へ行ったとき、これ以上は抗生物質は飲ませられないことと、薬が効いている成果が見られないことから、動物病院での治療は、打ち切りになった。 これで、しいの治療はまたしても、我が家での漢方薬のみとなった。 それと、ノンアルコールの甘酒と、体を濡らさない入浴、そしてツボ押しとお灸。 しいのお腹をもっと温めたいけど、下からのホットカーペットが精々だった。 昨日から、またしいの食欲が…

続きを読む

しい 8歳

こんなに、この日を迎えるのが嬉しいと思ったことはありません。 しいは、実に頑張っています。 いつもなら幼少期の画像を載せるのですが、 今日ばかりは「今日のしい」を載せたいと思いました。 4月に調子を崩してから、月1のペースで 生死をさまよっては復活を繰り返していたしい。 4月、5月は漢方薬で何とかなりましたが、 6月には、5.9kgもあった体…

続きを読む

嫌な患主でごめんなさい な話

先日、仕事の合間をみて、 しいを動物病院へ連れて行った。 目的は、しいの血液検査。 2月に検査して以来だから、約3ヶ月ぶり。 この間に、しいは3回も生死の境をさまよった。 白血球が少ないという、免疫力につながるそれを意識して 3ヶ月間独自の治療をしてきた。 重度の貧血にもなったのも分かっている。 生死の境をさまよった理由が貧血であるということも…

続きを読む

猫と漢方薬 しいの貧血症状

しいの体調が急変したのは、19日だった。 この前も書いたけど、本当に無菌室を作りたいと思った。 どうやったら作れるんだろう…。 食欲はおろか、水も飲まなくなったので、 正直、ちょっと覚悟した。 これ以上の抗生物質は、体に残った良い菌さえも やっつけてしまうので、飲ませられない。 しいは、ふらふらし始めていた。 大好きなちゅーるも口に…

続きを読む

猫は読み 犬は察する

しいが、薬が嫌で逃げるから、 追えずにがっかり、トホホギス ではなくて… 追わずにほっとけ、ホトトギス 時間を決めていたのは、具合が悪い時だけ。 今は漢方薬だけなので、時間は適当。 しいが時間を意識して逃げているなら、 こっちの時間を変えればいいのだ~! (ちなみに、飲ませるのは顆粒の漢方薬なので、 空カプセル…

続きを読む

猫に漢方薬 しいの記録

しいが、4月1日にまたしても体調を崩した。 サメちゃんに乗った翌々々日かな? 1ヶ月前に病院で検査した時は、 白血球が少ないという検査結果だけで問題なし。 みろの方が重篤ということだったが、 しいも結膜炎がしっくりしないし、 漢方薬を地味に続けていた。 この白血球が少ないというのは、結構厄介だ。 4月1日、ご飯も食べに来…

続きを読む

確定申告完了!

夕べから、メールをいただいたり、 メッセージをいただいたりしています。 ありがとうございます。 この度、北海道新聞さんに取り上げていただき、 作品ともども掲載していただきました。 ありがとうございます。 今日、町へ行った時もたくさん声をかけていただきました。 そして、今日確定申告が無事に終わりました。 …

続きを読む